忍者ブログ

ともゆきの日記

平凡サラリーマンともゆきの日常、地元情報などいろいろ綴ります
NEW ENTRY
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10/18/12:50  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/14/22:00  車検パート2

ディーラーの担当者から車検の最終見積もりが出ましてびっくり。
法定経費のほか、絶対必要な整備にプラス11万円もの出費に。お陰で家計は大大ピンチ。
少し古すぎる我家の車。日頃からコマめに整備していればと今更ながら後悔しました。
乗っているのはほとんど奥さんなので大切にして欲しいです。
PR

11/13/22:36  2年に一度

車検になった我家の車。2年前に中古で安く手に入れた軽なのだけど、今回見積もりしてみたらやはり年式相応に交換必要な部品がいろいろ。法定費用に約5万円。結局10万円以上の出費になる。
安心して乗るために整備点検の必要性はわかるけど。税金関係はやはり取り過ぎ。
少々高いがやはり信頼性で今回はディーラー車検にした。
新車が欲しい。

03/25/12:51  スカイラインRS

久々の車ブログ。しかも今日は旧車です。
「スカイラインRS」。スカイラインファンの中でも、たしか賛否両論あると思います。
それは、スカイラインといえば、直列6気筒のエンジンの「GT」「GT-R」が正当なスカイラインという人が多いと思います。もちろんこのいわゆる「R30」型にも「GT」はあります。
このスカイラインのエンジンは「FJ20」という4気筒のターボエンジンを搭載しているからです。
速さはもちろん抜群でした。
テレビで確か「西部警察」で渡哲也が乗ってましたね。
当時、高校生だった自分は、このルックスに惚れましたね。

F167013484L.jpg

03/04/17:42  小学生の頃の憧れ

小学生の頃、池沢さとしの「サーキットの狼」っていう漫画が流行り。スーパーカーブームがやってきた。

当時の一番の憧れの車が

ランボルギーニカウンタック。この如何にも速そうな鋭角的なデザインと上に開くガルウイングドア。

今見てもかっこ良いな。

N083012540L.jpg

02/20/23:43  イメージを変えた車

今日は国産車の記事。
ある意味この車の登場は日本の車の市場を変えたと思う。

「レガシーツーリングワゴン」

それまでステーションワゴンと言えば、貨物車のイメージが強く安物の仕事用車だった。

しかしその車に何とターボエンジンを載せてスバル独自のボクサーエンジン(水平対抗エンジン)が搭載された

スタイリングもスポーティーになりその上でワゴンの便利さも残した。

歴代ヒットしているのも十分理解できる。

SB_S015_F004_M004_1_L_640x480.jpg